本文へスキップ

会長挨拶

ごあいさつ

日本産業衛生学会東海地方会会長 斉藤政彦  公益社団法人日本産業衛生学会東海地方会のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。日本産業衛生学会は、働く人々の健康の保持増進を主な目的として、学術、実践両面で社会に貢献することを目指しています。東海地方会は、静岡、愛知、岐阜、三重の日本産業衛生学会員で構成されています。
 ご存じのように、この地方には、製造業を中心に大規模事業所から中小・小規模事業所に至るまで多数の事業所があり、そこに多くの人々が働いています。近年、労働者を取り巻く厳しい状況から、メンタルヘルス不調をきたす人が後を絶ちません。一方で、化学物質による職業ガンの発生が報告され、その適正管理の重要性が改めて認識されるようになりました。これらを受け、労働安全衛生法が改正され、ストレスチェックの実施や、化学物質のリスクアセスメントが義務化されるなど、職場や仕事に起因する健康障害の防止がより重要な課題となっています。
 日本産業衛生学会は、大学などの研究機関と産業現場とが連携し、労働や職場環境によって引き起こされる様々な健康障害要因を究明し、その有効な解決方法を調査研究しています。東海地方会では、秋に行う地方会学会において学会発表や学術研究に関する情報交換の場を提供し、また年初に開催する産業保健スタッフのための研修会によって広く学会員以外へも情報提供を行っています。さらに、産業医、産業看護、産業衛生技術、産業歯科といった職能別の部会も活発に活動しています。今後は、若手研究者の調査研究の奨励へも力を入れようと考えています。多くの方々が東海地方会にご参加くださることを期待しています。

日本産業衛生学会東海地方会会長 斉藤政彦

<東海地方会事務局>

〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田3-3-10
梅田ビル4F
株式会社JTBコミュニケーションデザイン
ミーティング&コンベンション事業部内
E-mail: jsoh-tokai@jtbcom.co.jp
FAX: 06-6456-4105